通勤時間をもっとカラフルに、働き方を通して人生をオシャレに
女子力アップ

8:16時間ダイエットの効果がすごい!1ヶ月でこんなに減量!?ブログ管理人mikaが産後ダイエットで実践。

2人目を出産後、産後ダイエットをする間も無く2人の男の子の2歳差育児に毎日追われストレス発散にと思うままに食べていたところ、体重が戻るどころか増えてしまいました(笑)オシャレな服も着たいし、このままでは本当に着たい服が着れない・・・!ということで、子育て中に無理なくできるダイエットをしてみました。その名も8:16時間ダイエットです!8時間ダイエットとも言われるそうですね。やり方と実際に私が産後にやってみた効果や感想などを詳しくご紹介します。

8:16時間ダイエットとは?毎日の16時間のプチ断食

1日は24時間ですよね。このダイエットは起きて最初にカロリーのある食べ物を摂取した時間から8時間後までは好きなものを飲食できます。

なんでも食べていい8時間が終わって16時間後まではカロリーのあるものの飲食はせず、16時間たったらまた8時間の間は好きなものを飲み食いしていい。という簡単で無理のないダイエット方法です。

食べられないプチ断食中の16時間の間でもカロリーがほとんどないブラックコーヒーやお茶、お水などは口にできます。

食べていい8時間のうちは好きなものを食べられるので、その後の16時間も寝る前の6時間ほどを食べないで過ごすだけなので、食事制限が面倒でできない私にはもってこいのダイエット法でした。

1ヶ月や2週間で効果はある?8時間ダイエットを実際に実践した感想。

”1週間で3キロ減った”とかいう体験談もあって、嘘でしょ!?と思いつつ一番負担がなく無理なく続けられそうという理由で初めました。

このダイエットを、8月15日から初めて、今日で1ヶ月と11日です。

が、早くも9月の初め頃に体重計に乗ると、なんと3キロ体重が落ちていました。(そんなに早く効果が出ないだろうと思ってダイエット開始後初めて測ったのがこの日でした笑)

その後も、ダイエットを始めて2回目の計測で一昨日、9月24日に体重計に乗るとさらに2キロ体重が減っていたんです!(驚)

約1ヶ月で合計5キロ減ったということになります。1ヶ月で5キロと予想外に急に体重が落ちてしまったので、子育てと仕事に支障が出ぬよう現在は食事のバランスを気をつけて摂取栄養量が減らないよう気をつけています。

最初の3週間ほどで3キロ減った理由としては、間食が多かった(要は食べ過ぎで太ってたと思われます)ので、単純に総カロリーが減り、体重がストンと落ちたと思われます。

その後も食べていい8時間の間に意識的にお菓子やカロリーの高いものを取らないように気をつけていました。なので順調に体重が減少したものと思われます。

それまでお腹が空いていなくても子供と一緒におやつを食べてしまったり、子供が手をつけずに残したご飯を余分に食べたりしていたので、

このダイエット法が私には合っていたと思います。体型維持のためにも、子供の食べ残しは食べてはいけません!(これ結構重要です)

8:16時間ダイエットのメリット・デメリットと注意点は?

私の場合は予想以上に効果が出ましたが、一番のメリットは続けやすいダイエットということでした。メリットデメリットをまとめてみます。

◇8時間の間は好きなものが食べられる(食事制限や特別な運動をしなくてもいい)

◇プチ断食中の16時間の間もお茶や水、ブラックコーヒーなどのノンカロリーの飲み物を飲める

◇睡眠時間があるので16時間が意外とあっという間

◇間食が減る(8時間のうちに夕食も済ませるので、お腹がいっぱいで間食する気がなくなります。)

◇ストレスをあまり感じずに続けられる(個人差あり)

◇子育て中で予定が立たず事務などに通わずとも生活に取り入れるだけでできる

 

◇栄養バランスが崩れる(体重が急に落ちて続けて風邪をひきました。)食事内容にいつもよりも栄養価の高いメニューを選ぶことが必要だと感じました。

◇プチ断食ですが、断食が苦手な人には不向きとも思われます。

◇8:16時間ダイエットは根拠がなく嘘だという人がいる

ひとつ注意点があります。私の場合、食事内容を気にしておらず栄養が偏ったせいか、体重が落ちてきて風邪を続けて引いてしまったので、これはまずいと思い、8時間のうちの食事内容を栄養価の高いものをとるようにしました。カロリーが高いのではなく、栄養価が高い食品・食事です。

例えば卵や鶏肉、納豆やネバネバのオクラや山芋などの食材を使った食事を意識しています。

後は水分をきちんととるということを意識していました。水分量が足りないと肌にもよくないですし便秘になってしまうと嫌ですよね。

◇食事内容の質を上げる(栄養価の高い食材を意識的に摂取する)

◇水分をきちんととる

◇頭痛や身体の不調が出るようなら中止しましょう

個人的な意見としては、8時間ダイエット(8:16時間ダイエット)は簡単に取り組めて私には向いているダイエット法でした。

負担なく続けられるし、”食べ過ぎ”自体が健康に良くないのでそういった意味でも習慣にしようと思います。

 

体重が燦然と同じに戻っても、体型を戻すのにはストレッチやトレーニングが必要だとおもいます。こちらについては現在取り組み中なので、また別の機会にご報告させていただきますね。

 

子育てをしながら家で仕事をしている私にとって、この8時間ダイエットという方法は理にかなっていて、慣れれば無理なく続けることができるので助かってます。

 

ジムに行く時間を節約し1日2時間ブログ記事を更新するだけで月収10万円以上の広告収入を得ています。『資産ブログの構築方法』についての教科書を今だけ無料でお渡ししています。よかったら下記よりご登録いただき教科書をゲットしてみてくださいね^ ^

 

最後までお読みいただきありがとうございます。