通勤時間をもっとカラフルに、働き方を通して人生をオシャレに
ネットビジネス

メンタリストDAIGOの年収は6億円!内訳は?汗を一滴も流さず知性で稼ぐ!複数の収入源を持つという考え方

メンタリストのDaigoさん、最近テレビなどでお見かけしなくなったような気がしていましたが、涼しい顔をしてものすごい大金を稼いでいるようです。ご本人が先日テレビ出演した際に年収約6億円とおっしゃっていました。Daigoさんの目から鱗の稼ぎ方と、彼の思考と現代に合った働き方が参考になったので今回記事にまとめてみました。

本を月に2冊出版し印税の収入

なんとDaigoさん、2週間に1冊出版しているという凄まじい出版ペースですが、一体どうやってそんなハイペースで出版できるのか謎ですが、何か可能にするからくりがおありなのでしょうね。Daigoさんの本は漫画形式だったり、恋愛・片付け・コミュニケーション・子育てに関する本までジャンルが多岐に渡り、すべてメンタリズムを基本とした本ばかり。ちなみに私が個人的に気になったのはコレです↓

子育てをする身としてはちょっと、いや、かなり気になる1冊です。読んだらレビューしますね!

引用元:amazon

1週間で1冊出版すると、年間で48冊、すでに出版している本も含めて、普通なら10%程度の印税を16%もらっていると仰っていました!

ほんの印税に関しては具体的にどのくらいの金額になるかわかりませんが、出版するまでの労力を除けば、もう不労所得で印税が入ってくるので、羨ましい限りですね。「印税が入る」なんて言ってみたい。

企業コンサルで1社あたり最低100万円/月 以上の収入

メンタリズムを生かして恋愛のマッチングサイトのコンサルをしたり、あらゆる分野の企業からのコンサル以来に対し、月間で100万円という決して安くない金額でお仕事を引き受けているそうです。

常に何社かコンサルを継続して行えばそれだけでひと月でサラリーマンの年収をあっという間に稼いでいることになりますよね。

お金という形だけでなく、報酬を株で支払われることもあるようですし、Daigoさんご自身、株や仮想通貨で資産運用なさっているはずです。

講演料の収入 1回あたり最低300万円以上

毎回依頼にあったオリジナルの公演を行うDaigoさん。1回あたりの講演料はなんと破格の300万円以上というからこれまたびっくりな金額ですが、それもそのはず。

同じ公演は2度となく、なぜそんなに高額なのか?という質問に対し、「本気の案件しか受けたくない。金額が高いほど、学びが大きい。」という事らしいです。

これには私も首がちぎれんばかりにそうだよね!テレビのDaigoさんに共感してしまいましたが笑

無料で教えるのって一見お得な気がするけど教えてもらう側のマインドも低いし、結局実績を出せずに意味なく終わることが多いので、教え損になってしまうんですよね。

受ける側の意識を上げるには、本気度を上げるにはやはり受講料を高額に設定することで本気の人だけが集まるし、自己投資のできる本気の人だけを指導し本人も頑張る!ことで結果的に、実績が出るということになるんだと思います。

非常に効率がいいですし、受ける側も指導する側もwinwinですよね。

YouTubeの広告収入

DaigoさんのYouTubeチャンネルは48万人のチャンネル登録者がいます。(2018年9月26日現在)YouTubeの広告収入でおそらく毎月200万円から400万円程度稼いでいる模様です。

金額の幅がかなりあるのは、その月のビュー数によって変わってくるからです。Daigoさんの配信動画を見ましたが、科学的根拠をもとにお話しなさるので、「そうだったんだ!知らなかった!」というような情報が満載で、説得力を上げるためにわざと早口でお話しなさっているようです。

Daigoさんの行動には全て理由がありそうですね。

ほぼ毎日動画を配信し、後半をニコニコ動画で配信しますよ。とニコニコ動画のチャンネル登録(有料で500円/月額)に促しています。YouTubeで広告収入を得つつ、さらなる次のビジネスへ自然に誘導するDaigoさん。

ニコニコ動画の収入

Daigoさんのニコニコチャンネルは月額540円で、ほぼ毎日の生放送を見ることができ、更に今まで放送された動画が480本以上見放題ということで、既に会員数が3万人を超えており、単純に計算するだけで、1500万円以上になります。

うちどのくらいニコ動が持っていっているのかは不明ですが、おそらく、再生回数により報酬が発生する仕組みもあるようなので、何れにしてもかなりの金額を稼いでいらっしゃいます。

まとめ

Daigoさんのように、(金額は飛び抜けていますが)いくつもの収入源を持つことはこれからの時代、普通になっていく傾向です。実際国も副業を推奨していますし、認める会社も増えてきましたね。

あなたがもし会社員ならば、副業という形でもう一つ収入源を。できれば不労所得に近い収入源を持つことが理想です。

あなたが専業主婦の場合、家庭の収入源は会社員のご主人の収入だけの場合、なんらかの理由で会社で働けなくなった時、途端に生活に困ってしまうでしょう。

でもDaigoさんのように複数の収入源があれば、一つのビジネスがダメになっても他の収入源が生きている限り、すぐすぐ生活に困窮するということは回避できます。

私が3歳の時に父がガンになり、働けなくなりました。母は専業主婦で私を含め二人の幼い子供を育てながら父の大病の看病に毎日奮闘していました。

体調が悪く会社に出勤できなかったため、父は持っていた土地をクリニックに貸すことで、毎月家賃として不動産収入を得るようにしました。

そのおかげで病気療養中の父が無理して働いたり子育てと看病にてんてこ舞いの母が働きに出なくても家族4人生活に困ることはありませんでした。

私はその頃幼かったので、ぼんやりとした思い出しかありませんが、大人になって結婚し子供を育てるようになってから、母に聞いて詳しく知りました。

学生時代から母は私に自立した女性になりなさいと言われてきました。

収入源が一つというのは綱渡りのようなものだと。

何もなければそれに越したことはありませんが、いつどうなるかわかりません。リストラされなくても会社が倒産したり病気になって働けなくなる可能性もあります。

なので結婚してからも、夫がしっかり働いていても私もきちんと収入源を確保しなければいけないと思ったのです。

Daigoさんの収入源の多さに驚きつつも、これからは複数の収入源を持つ時代だとも確信しました。

Daigoさんの収入源は上にあげただけでも5ヶ所+株や仮想通貨などの資産運用も。

おそらくですが、推察するにこれ以外にも収入源があると思われます。

私自身、Daigoさんの働き方は非常に参考になったので、今回記事にさせていただきました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。